投資可能エリア

リーブルファインの投資可能(開発)エリアは、北関東エリア3県、東海エリア2県の計5県になります。絞り込みの理由は、地価と賃料のバランス、都市と生活圏のポテンシャル、今後のニーズを総合的に考えています。商品力を活かすせる投資効果の高いエリアになります。

北関東開発エリア[供給実績 34棟 97戸]※2019年4月1日現在

北関東開発エリア 主要物件

・交通網の充実

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
北関東自動車道
新4号国道

・北関東経済の回復

日本経済新聞
北関東は今後も賃貸需要の上昇が見込まれる

地価と賃料のバランス

左右へ
地価と賃料のバランス
北関東は地価と賃料のバランスが良い

県別推定年収

都道府県 平均月収(千円)厚生労働省平成28年賃金
構造基本統計調査
推定年収(平均月収×12+賞与4ヶ月で算出) 年収順位
茨城県 305.9 489.44 5
栃木県 289.7 463.52 13
群馬県 281.7 450.72 19
上位にランクインする安定高収入

東海開発エリア[供給実績 26棟 70戸]※2019年4月1日現在

地価と賃料のバランス

左右へ
地価と賃料のバランス
東海は地価と賃料のバランスが良い

県別推定年収

都道府県 平均月収(千円)厚生労働省平成28年賃金
構造基本統計調査
推定年収(平均月収×12+賞与4ヶ月で算出) 年収順位
愛知県 314.4 503.04 4
三重県 294.4 471.04 12
愛知県は4位、三重県は12位の上位

・ものづくり産業の集積地

東海4県(愛知・三重・岐阜・静岡)の
製造品出荷額は全国シェア24.9%

・新東名高速が三重県内全線開通

三重県内の産業に
年間およそ480億円もの経済波及効果

東海エリアは今後も経済の安定と活性化が見込まれる

大消費地・経済圏(3大都市)
の工場

経済産業省の工場立地動向調査より

順位   H28年(ha)
  全国合計 1,297.2
1 茨城 139.6
2 三重 72.8
3 宮城 68.5
4 京都 67.8
5 愛知 58.9
6 静岡 57.4
7 栃木 55.3
8 群馬 54.4
投資可能エリア全5県がトップ10入り
工場の従業員・転勤者の賃貸需要が見込まれる

土地活用・投資戸建相談等
お気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求・お問い合わせ
  • 資料請求・お問い合わせ
  • セミナーへ参加する